最近、なんとルンバを買いました!!

日本の正規の代理店だと約8万円も!!してしまうのですが、ルンバストアJP 正規品ルンバ560の通販という並行輸入のお店で買ったので、約4万円ほどで手に入りました。


並行輸入品のメリットとしては、やはりそのお値段。

デメリットは、日本の正規の代理店では修理等をしてくれないこと、未設定の状態だとルンバが英語をしゃべること、説明書も英語で書かれていること。

あと、日本のルンバには「お部屋ナビ」というものがついてくるのですが、海外のルンバについてきたのは「バーチャルウォール」という、お部屋ナビのワンランク下のアイテムでした。

「お部屋ナビ」とは、複数の部屋を効率よく走破するために部屋の区切りを示すビームをゆんゆん出しちゃうのです。これがないと、ルンバは複数のお部屋でも、何やら障害物が間にあるひとつの部屋らしいぞ、と認識するらしいのです。アホの子です。

「バーチャルウォール」とは、ルンバが入っちゃいけない区域を示すビームを出します。「お部屋ナビ」との違いは、「お部屋ナビ」の場合、ビームで区切られた1部屋を掃除し終わったら、ビームを乗り越えて次の部屋へ向かいますが、バーチャルウォールはその名の通り仮想の壁を作るようなもので、ルンバがバーチャルウォールビームを乗り越えて先へ行くことはありません。

「お部屋ナビ」はスイッチで「バーチャルウォールモード」に切り替えることができるそうです。ぐぬぬ。


日本ルンバと海外ルンバではバージョン番号?が違うような感じなのですが(577と560...)、違いはよくわかりません。付属品だけのような気もします。どうせ日本ルンバを使うことがないので、たとえ違っていても気づくことはないのでよいのです。


その他挙げたデメリットも、私が買ったお店では3年間の修理保証があり、日本語に翻訳した取扱説明書もついてくるので、だいたいクリアしてるんじゃないかな~と思います。
ルンバの中身は実はどの国でも同じらしく、取扱説明書の手順どおりに設定すると、海外ルンバも日本語をしゃべるようになります。


そんなわけで思い切ってみたのですが。


トラブルその1。
折りたたみ式パイプベッドの、中央を通っているパイプに乗って身動きとれなくなる。
おろしてあげてもまた乗る。

ばかやろうっ。気づけよ! 学べよ!

バーチャルウォールをパイプに沿っておくことで、 パイプ=壁 みたいな状態を作り出して解決。
しかし今度は、ベッドの奥から出てこようとして、おっとバーチャルウォールだ、と踵を返し、また出てこようとして、おっとバーチャルウォールだ、と踵を返し、ということを延々と続けるようになりました(´;ω;`)
壁がありすぎて、その場でぐるぐる回りだす始末。ダンスパーティーじゃないんだからさー。
まあそのうち気づいて出てくるんですけど......。こういうのも学習してくれるんでしょうか?

▼こんな風にしました。
パイプベッドの下を通るパイプにルンバが乗り上げて止まってしまうため、バーチャルウォールでパイプ部分を壁に見立てることによりそれを防ぐことにした。


トラブルその2。
敷物をめくり上げてから乗り上げ、身動きとれなくなる。

めくるなよ! めくらなければ何の問題もないのに!

しかも、何回か掃除が終わってダストボックスにゴミがたくさん入っているのを見て、ああルンバくん頑張ったんだな、と思いながらよくよく改めると、ゴミの大部分が敷物と同じ色・素材という驚愕の新事実。
ルンバくん敷物の毛抜いてカサ増ししたでしょ!(´;ω;`)

100円ショップで滑り止めシートを敷いてみたりしたのですが、横着してシートを敷物からはみ出させておいたら、ルンバくんも滑らなくなって(?)余計に自体が悪化したので、面倒くさくなって敷物を撤去してしまいました。


とりあえずこんな感じ。
敷物の件があったのでせっかくのスケジュール機能が活かせてなかったのですが、もう敷物も撤去したことだし、今度スケジュールの設定をしてみたいと思います。


てか今見たら、日本未発売のにゅーばーじょんのルンバくんが発売されてるのね!?(´;ω;`)
でもお値段約倍だし、お掃除できるのは変わらないし、いいもんだいじょぶだもん(`;ω;´)


おまけ。定位置はベッドの下。
ベッドの足元側でひっそりと時(っていうか電池)が満ちるのを待つルンバ。


ROCHERIのデスクライトとOrasonicのスピーカー

デスクライトがーーーー!!! ついに届きました!!!!!

届けてくれたのは、最初に注文したショップさんではありません......。

先日の日記でもリンクしていましたが、


こちらのショップさんです。

入荷予定などをわかりやすく表記してくれているので、よいなと思っていたのでした。
ちょくちょく覗いていたらちょうど入荷したので頼んだら、かなあああり迅速に発送してくれました。3日後くらいにはもう手元に届いたスピーディーさ。素晴らしいです!!!

デスクライトは、3か月焦らされた甲斐あって商品写真ままのクラシカルな雰囲気です。


大きさはこれくらい。
ROCHERIのデスクライトと500mlペットボトルの比較。デスクライトのほうが若干背が高い。

角度調節は、ヘッドと、軸と台座の接地部分の2か所で行えます。
ROCHERIのデスクライトは、ヘッドと軸の2か所が可動する
丸いねじのようなものを緩めて調節し、締めて固定して使用します。

点灯してみると、煌々と明るいというわけではありませんが、体の影になった手元を照らすには十分な明るさです。
ROCHERIのデスクライトを点灯したところ。


Olasonicのスピーカーのほうは、デザインは大変良いです! ......が、音量が!!! 音量がとんでもなく大きいのです!!

Olasonicのサイトを見てみてたら、Windows7特有の現象であるような感じのことが書かれていました。うちの子Vistaなんですが......。
もし同じ現象で困っている人がいたらOlasonicのQAみたいなところ見てみると対処法が書いてあったので参考になるかと思います。

で、私は、書いてあった対処法はとりあえずおいておいて、パソコンの音量を「1」に設定してしのいでいます。
でも普段はヘッドフォンを使っているので不便です......。
そのうち時間が取れたらゆっくり解決法を探る予定です^^;


私は今まで、パソコンから音を出すのにワイヤレス式のヘッドフォンを使用していたのです。

ずっとパソコンの前で聞いている分には何の問題もないのですが、ちょっと台所へ飲み物を取りに立ったりして無線が届かなくなると音が途切れてしまうのが、不満と言えば不満でした。


そして決定的なのが、『ひとりしか聞けない』ということ。

まあ私は親と恋人しかいない世界で生きているので、そして彼らも月に1回以下の頻度でしか来訪しないので、これまではさして問題にならなかったのでした。


がっ。

先日からちょくちょく騒いでいますが私はダーツボードを買ったのです。

これはボードに当たると音が鳴ります。
やはり誰かと一緒にやるなら、サウンドも共有したくなるではないですか?


というわけで、普通のスピーカーを購入しました。

いつものように「どれがいいかなーこんな感じのがいいのと思うけどないなーこれはどうかなーあれはどうかなー」と騒ぎたてなかったのは、すでに目当てのものを見つけていたからです♪

もし黒を買うなら、Store Soundさんから買うことを強くオススメします!

というのも、キャリングバッグと黒色のインシュレーターがついてくるからです!
インシュレーターというのはシリコン製の台座のことです。通常は、白・黒どちらのスピーカーを買っても白の台座がついてくるのですが、黒いスピーカーなら黒い台座のほうが格好良く見える気がしませんか?

あ、白い台座でいいならAmazonのほうが若干安いので(Store Soundさんでは10,800円)、Amazonでいいと思いますが......。

ちなみに、定番カラーの白・黒のほかに、2010年12月15日から限定100個で『ダークブルー』という色がStore Soundさんのみで取り扱われているみたいです。青系の部屋を作っている人は要チェックです!


このスピーカーのいいところは、電源コードがなく、USBケーブル1本でいいということ!
パソコン周りで煩雑になりがちなコードの処理という悩みが軽減されます。

そもそもうちのコンセントにはもう空きがないので、願ったりかなったり(´・∀・`)


音に関してはこだわりがないので割とどうでもいいです。口コミなどを見る限り、悪いわけではないようですね。

実はOlasonicに私の知人がいたのですが、なんでもOlasonicにはソニー出身の技術者か何かがいるそうで、新規進出のメーカーなのですが技術的には老舗メーカーに見劣りしないとのこと(私の記憶を頼りに書いてるので間違ってるかもしれません!)。

といういわけで、品質には不安がありません。
見た目も、前述の知人に話を聞いた後にググって見て、一目惚れしたくらいかあいらしいです。
なんとなく"北欧"ちっくな雰囲気があると思いませんか?

というわけで、届いたら設置した部屋の写真を公開します!


余談ですが、ダーツの音について。

お店などに置いてあるダーツに、フェニックスという筺体があります。
ど真ん中に当たると「どぴゅーん」と小気味いい音が鳴るので、大変気持ちがいいです。

私が自宅に置いているPC-DARTS2ではそういう的中音などを差し替えることができるので、ぜひフェニックスの音に差し替えたいと思っていたところ......2ちゃんねるのダーツ改造について語らっているスレッドかなにかで、フェニックスから音だけ抽出して、PC-DARTSで使用できるようにファイル名などを変更した状態で配布してくれている人がいました。

http://www.mediafire.com/?d1pzt0bslle

一応正規に配布されたものではないということで、ご使用は自己責任でお願いします。

PC-DARTS2では的中した時の動画も差し替えることができるようなので、こちらも探しているのですが、見つかりませんでした......。
でも考えてみたら、プレイ中はあんまり画面見てないから関係なかった。


このページの上部へ

カレンダー

<   2016年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別

最近のコメント