7月4日(木)

仕事帰りに買い物をして帰る。
要冷蔵品をしまおうと冷蔵庫を開け閉めして、ふと扉のポケットを見ると蜘蛛くん。
いったいいつ入ったんだ。
いったん閉めて、キッチンペーパーを片手に再び開ける。
しかしもう蜘蛛くんはいなかった。


7月5日(金)

朝食を用意するために冷蔵庫を開ける。
蜘蛛くんがいた。
さては凍えてお亡くなりになっているだろうと思ったら案外元気に動いていた。
庫外に出すと、ぴん、ぴん、と跳んで去って行った。


7月6日(土)

起き出してきてパソコンのスイッチを入れているとキーボードに蜘蛛くん。
キッチンからここまでたどり着いたらしい。
タイピングする時にうっかりプチンとやりたくないので、ふうふう息をかけて机の端に追いやる。
しかし気づけばまた近づいてくる。
パソコンモニタからティッシュケースへ。
ティッシュケースから机へ。
机からキーボードへ。
よく見れば移動した道筋に細い蜘蛛の糸。
おまえ、ぴん、ぴん、ってよく跳ねるけど、そういうところはさすが蜘蛛なんだな。と感心してみる。
跳ねる蜘蛛を調べて「ハエトリグモ」にたどり着く。
そうかおまえ、ハエトリグモくんなんだね。


7月7日(日)

姿が見えないと思ったら窓際の壁を徘徊している。
しばらくして床の上に脱ぎ棄ててあったスカートを拾い上げたらその下でキョトンとしていた。
うっかり踏みつけないよう床の上に散らばせていた衣類を拾い集めてついでに洗濯する。
蜘蛛くんは再びキッチンのほうへ向かっていく。
廊下の真ん中にいるものだから、危ないよと注意する。
蜘蛛に聴覚はあるのだろうか。ましてや知能なんて。


7月8日(月)

今日はルンバくんが出動する日。
まさか蜘蛛くんをすりつぶしてはいないだろうかと気が気でない。
仕事から帰ってきたらルンバくんが鉢植えをひっくり返して植物を蹂躙していた。
片付けて手を洗おうとキッチンの蛇口をひねったら、シンクから慌てて逃げ出すやつがいる。
蜘蛛くん、そこはさすがに危ないよ。
仕方がないので横着せず洗面所で手を洗う。

食後、蜘蛛くんの姿も見えないので食器洗い。
ざぶざぶやって、気づいたら水を張ったボウルのなかで蜘蛛くんが糸くずのようになっていた。
おまえ、いったいいつからそこにいたの?
なんとなく動いているようにも見えたのですくいあげてシンクに出す。
足がぴくぴくと動いているがそれ以上の動きがない。
急いでティッシュを持ってきて吸いつけるようにしたら、案外元気にティッシュにつかまって復活している。
ぴん、ぴん、と跳ねてこっちにきそうなので、慌てて玄関ドアを開けて外へ振り落とした。


初めて見たときからなんだかちょっと縮んだような姿を思い出す。
おまえのごはんなんてちっともいないのに、あんなにぴん、ぴん、動き回るから。
外の世界ではもう少し生きやすいだろうか。
それとももっと厳しいんだろうか。

小さな黒い糸くずみたいな姿を気にせず動く日々が戻ってほっとしたけど、
でもあとほんのちょっとなら、そんな日々が続いてもよかったかなって思うんだ。


今日見た夢。


私は実家から帰るために車を運転している。
わき道から本道へ合流、2車線あるうちの左車線に入る。
何かをし忘れてUターンしないといけないため、右車線に車線変更をしたい。
バックミラーを見ると後続車との余裕がある。サイドミラーを見ると車がいるが、まあ大丈夫だろうと右側へ。

がしゃん。

右側後部に衝撃。
あちゃー初めての事故だーどうしよう。と思いながらバックミラーを見る。
ぶつかった車の中には怒った顔の男の人。
私は車を止めて外に出る。
あれれ、車とぶつかったと思ったら小さいバイクが止まっている。
幸い運転手さんに外傷はないようで、大事にならなくてよかったと胸を撫でおろす。

その後ろではさらに2台の乗用車が止まっている。
私とは直接ぶつかっていないと思うけど、2次災害!?が起きたのだろうか。

事故ったらまず警察に電話(の前にけが人の救護だけど今回はいないので)、そして保険屋に電話だ! と思い立って、警察には電話しましたか!? 私しますか!? と被害者の周りをうろちょろしていたら、もうしたよ! と怒られた。

じゃあ保険屋に電話だ! とダッシュボードをがさごそして保険屋の番号を出してきてコールする。
(なお、実際には警察への電話→相手や目撃者の連絡先等の確保→保険屋に電話 らしい)
若い......幼いといっていい感じの女の人が応対してくれた。
事故の状況を説明すると、

「ああ、じゃあ背の低いかわいらしい女の人があなたね♪」

なんて言う。かわいらしいなんてそれほどでも......じゃなくて。
警察に事故の連絡がいったら人口衛星か何かで現場を監視できるようなシステムがあるんだろうか、と混乱した頭で考える。

そうこうしているうちに現場に警察が到着していてなにか始めている。
さらになぜかうちの会社の部長やらがいっぱい集まっている。

保険屋の人が現場に来てくれると言っていたけど間に合うだろうかと私は思う。
(実際には現場にくることはないと思われる)


間の記憶がないけど保険屋さんが来てくれたはずだけど、なぜかうちの会社の人たちが保険屋さんを追っかけまわして......
うちの会社の人たちはしっぽの太い猫のような狸のような姿になってて......
ああ、あのひときわ大きい狸は部長だな......
保険屋さんは白いアヒルの姿になっている。保険はアフラックだったかな......?いや違うぞ......
アヒルが私の足元に来たので狸を追っ払ってやる......
保険屋さんはやっぱり10歳前後の少女......

そして私は保険屋さんの"店長"と知り合う。


店長さんは身長は170センチ前後くらいの男の人。
25歳くらいに見える。
短くもなく、長くもなく、シンプルな髪形。淡い茶色に染めている。
色が白くて肌がきれい。
メガネをかけている。

保険屋っていうわけではなく、なんでも屋って感じのことをやっているようで、店舗があるので私がそこに入り浸る。
そして私は店長さんと仲良くなるのだけど。


よく晴れた日。
どこかの丘の上。てっぺんに大きな木。
その木の隣で私は店長さんと向き合っている。

店長さんが口を開く。

『君が好きだよ』

ありふれた告白の言葉。でもそれは不思議な力を帯びていた。
言いながら店長さんは自分の胸からピンポン玉大の光を取り出して手のひらに乗せる。

私はずっとその言葉を聞きたかったはずなのに、茫然としている。
これが悲しい魔法の詠唱だと気付いたから。

『君の気持も知っている』

さらに私の胸からも光。

『一緒に行こう』

店長さんは光を空に放つ。光は青い空に溶けて消えた。

私の胸の中もこの空のような青。でも大部分がぽっかり抜けて白くなってしまった。
きっとあの光が――店長さんへの気持ちが抜かれてしまったせい。

店長さんは私の顔をうかがう。自分の術の結果を確かめるように。

でも、私は。

「好き......」

店長さんの胸に抱きつく。
驚く店長さん。

「なくなっちゃってもすぐにいっぱいになるくらい、私は店長さんのことが好きだよ?」

私はそう言って、店長さんの顔を見上げる。

「店長さんはそうじゃないの?」

店長さんは困った顔をする。

「......まあ、少なくとも今月中は」

さっき好きって言ってくれた時の温かさが感じられない。
店長さんの気持ちは無事に空へ昇って、今はもう私のことをなんとも思っていないようだった。


店長さんに私と恋できない理由を聞いてみるがはぐらかされる。

「店長さんが年をとらないことと関係あるの?」
「年をとらない?」
「だって店長さん、少なくとももう40歳にはなるはずだよね。でもまだ25歳くらいにしか見えないよ」
「それはどうも」

歴史に詳しい店長さん。だけどそれは博識というより実際に見てきたかのようで。

「もしかして店長さんは不老不死なの?」

ずっと抱いてきた疑問。
店長さんのわずかな動揺。私はそれに力を得て続ける。

「だから、いずれ老いて死んでしまう私とは結婚できないの?」

沈黙。

そして店長さんは観念したかのように、過去を語ってくれた。


かつて店長さんがまだ店長じゃなく、実年齢と見た目年齢が一致していたころ。
不老不死の友(♂)とともに生きる覚悟を決める。
友によって店長さん自身も不老不死となる。(吸血鬼か何かかな、と私は思う)
しかしその後友だけ死んでしまう。

無気力になった店長さんは各地をさまよう。
身なりに気を使わないので、ひげは伸び、髪もぼさぼさ、着ているものも全体的に茶色くなり、どんどんみすぼらしくなっていく。

そのうちある城下町にたどり着く。
1日目は中に入れてもらえてそこの宿屋に泊まったが、苦情があったのか2日目には追い出された。
Out Townというのが城壁の外にあると門番に教えてもらい、そこで宿をとる。

部屋で休んでいるとなぜかゴロツキども3人がやってきて店長さんに襲い掛かる。
ゴロツキはなにかモンスターを連れていて、店長さんはそいつに組み敷かれてしまう。

店長さんは、カウンターなんちゃら! と魔法を唱える。
割としょぼい魔法らしく、ゴロツキに笑われる。モンスターにも効いていない。

店長さんはなんとかモンスターの下から逃げ出すが形勢は変わらない。
魔法をいくつか放つが全く歯が立たないのだ。

絶体絶命かと思ったその時、

「はぁい♪」

小さい女の子のモンスターが現れた。

「お待ちしておりました」

傷だらけの店長さんがほほ笑む。
実はさっき唱えたカウンターなんちゃらはこいつを召喚するためのトリガーだったのだ。
そのあとの形勢不利な戦いは時間稼ぎだったというわけだ。

「あいつをやっつけていただけますか?」
「お任せ♪」

女の子はモンスターを瞬殺。
女の子と店長さんは、あっけにとられるゴロツキどもを振り返ってニンマリ笑う。


ボッコボコになったゴロツキどもが転がる中、店長さんは身支度を整える。
あ、(手の防具)がない。じゃあこれもらうか。とゴロツキの装備を適宜拝借。

階下に降りると宿屋の主人がいて、ここの店主にならないかと店長さんに持ちかける。
宿屋の主人は割とまともそうだが、店長さんは断ってまた旅に出る。


夢の話。


私は5人ほどの他人とどこかのビルにいる。
そのビルは22階建てで、私がいるのは20階。

手にはなぜかワイングラスを持っている。中身は透明な液体で、グラスを傾けるとジンと柑橘類の香りが鼻腔をくすぐった。

一緒にいる人たちは老若男女。繋がりは不明。
若くスラリとした黒髪ロングヘアの女性や、色が白くハーフのような雰囲気のやはりスラリとした男性がいる。

フロアの床はカーペット張り。
何かテーブルやらの家具が置いてあったようだが定かではない。
我々がいる場所の反対側を見れば、右側にエレベーターがあり、左側にドリンクバーがある。

ふと気付くとエレベーターからドヤドヤと人が降りてきた。
みんな我々が手にしているものと同じワイングラスを持っている。

彼らもまた老若男女入り混じっていて、異様なテンションで騒いでいる。
初めは陽気にハメを外しているという風だったが、そのうち何か狂気じみたものが混じり始める。

我々はエレベーターで脱出を試みる。
なるべく刺激しないようにこやかに人混みを抜け、エレベーターにたどり着く。
みんな乗り込んでいざ1Fへと扉を閉めたが、エレベーターは動かない。
誰かが外のボタンを押したためで、乗り込みたがるその人を我々は受け入れる。

しかしそれが繰り返されて我々は一向に移動できない。
外の喧騒はますます激しくなる。
まさか引きとめられているのではないかと一抹の不安が胸をよぎる。

「二杯目は別のものを飲んだほうがいいかもしれないな」

私の隣で、ハーフのような男性がふいに呟く。
見れば彼のグラスの中身は空になっている。

外では狂気の人々がドリンクバーで透明な液体をどんどん飲んでいる。
もしかしたらあの液体におかしな成分が入っているのではないかと私は思う。
彼もじっと黙ってグラスを見つめている。

エレベーターの扉がまた開く。
男。
しかし男は乗り込まない。
代わりに黒髪の女性を引きずり出す。
悲鳴、うめき声。そしてまた喧騒だけになる。

私は衝動的にグラスを壁に叩きつけて割ろうとする。
割れない。
彼のグラスも奪い取る。
一緒に叩きつけてようやく割れた。
もう遅いよ。彼は悲しそうな目で私を見ている。

私は彼にキスをする。
絡ませた舌はひんやりとしてジン・トニックの爽やかな味がした。
唇を離す。

「思いがけない人が、向こうからきてくれた」

彼は嬉しそうに言う。しかしその瞳はすでに狂気に侵されている。

私はジン・トニック味の唾を床に吐き捨てた。

掴みかかる彼の手を交わしてエレベーターの外へ放り出す。
彼の腰がグキンといやな音を立てる。

エレベーターの中の他の人たちも空のグラスを手に殺し合いを始めている。

私は彼らを始末した後エレベーターの外へ出てみる。
するとすでに狂気の人々はおらず、荒れ果てた室内に死体が転がっている。
彼の死体も。きれいな顔。上半身と下半身の前後がおかしい。腰がねじれて変に細くなっている。

目がパチリと開く。

「なんで......。僕は君を愛していたのに」

ずずずずと腕の力で這い寄ってくる。
血濡れになった黒髪の女性やその他の死体や肉片もむくむく動きだす。

私が背後を振り返ると、エレベーターの隣に灰色の扉があることに気付く。
そこは階段だった。
罠だろうか。
躊躇いは一瞬で、私はほとんど落ちるように階段を飛びおりた。

死体は追ってこなかった。
1Fの外に続くガラス戸が日光でまぶしい。

ガラス戸を押し開き、外へ出る。


私は生き延びたのだ。


そこで不意に蘇る記憶。
私はこの夢を以前にも見たことがあった。
(実際は不明。"同じ夢を以前見たことがある夢"という設定かもしれない)

これはゲーム。
出発点はこのビルの20F・21F・22Fのいずれか。
どの階から始まるかで共闘者やストーリーが変わる。

おそらくエレベーターでやってきたのは21Fの人ではないだろうか。

22Fは他の階とは雰囲気が違う。
飛行機のような座席にいるところから話が始まる。


以前22Fからゲームを始めた時の記憶をたどる。

私は黒髪ストレートヘアで、弁護士か何かの資格職の有能な女性。
隣の座席には50代ほどの男性。もしかしたら事務所の上司かもしれない。
私はまだ下っ端であることに少し不満を抱いている。

近くにもちもちした男性が座っている。(ビジュアルは現実の私の恋人である)
彼も私とは違う資格職。企業に属している。
資格職なのに雑用ばかりやらされている彼に私は共感を抱く。

その他にもちもち男の後輩とおじさん2人がこのゲームの共闘者となる。


そこからどうやってビルに行くのか、ゲームの結果はどうなったかは不明。


そのゲームの最も安全な攻略方法は、どのフロアから始まったとしても階段で22Fに上がること。
フロアには出ない。
階段の踊り場で、狂気の人々に見られないよう息をひそめる。
そして狂気の人々が21F・20Fから去ったころを見計らって階段で脱出すればいい。


今回もそれを覚えていれば二人で生き延びられたかもしれない。
彼のきれいな顔を思い浮かべ、私は黙とうを捧げた。


書きながら思ったけど、情熱的なキスした後手を伸ばしてくるって何か別の意味があったんじゃ......?
それを腰を一ひねりして殺しちゃうって、私のほうがよっぽど狂気的なんじゃ......?


このページの上部へ

カレンダー

<   2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別

最近のコメント